So-net無料ブログ作成
検索選択

マッサン ネタバレ 60話 [ネタバレ第10週]

「マッサン」ネタバレ60話は
エリーの手紙で
広島の俊夫が職人として大阪に来てくれた。

いよいよ始まろうとする
ウイスキーづくりに

エリーとマッサンは
喜びあっていた。

・12月6日(金)放送予定分
・マッサン ネタバレ 59話 ⇒ 戻る
・マッサン ネタバレ ⇒ 目次ページへ

 

■マッサンのネタバレ 60話のあらすじ

「ごめんつか~さ~い」
出て見ると、大きな風呂敷包みを背負った
俊夫が立っていた

「俊兄、なんで?」

「なんでだ~どういうことです?
わしゃ頼まれたけん、
大阪くんだりまで来たんですがの」

実はエリーが
広島に手紙を出し大阪へ来てもらったのでした

肝心のマッサンは
手紙のことを知らなかったし
俊夫も機嫌を損ねた。

「どうしましょう?
広島に帰ったほうがよがんすか?」

エリーは慌てて俊夫に頼み込んだ

「俊夫さん、とにかく
大将に会ってみて」

鴨居に会わせようと提案するエリーだが、


マッサンは
鴨居と俊夫は絶対に合わないと反対した。

それでも
翌日、政春は俊夫をつれて、鴨居に紹介した。

「洋酒にも、興味は持ってはるんか?」

「い~えの、
洋酒にゃ特に興味はありまへん」

ウイスキーを飲んだことも無ければ
飲みたいとも思わないと俊夫は言い放った。

鴨居に反抗的な態度であった

「気に入った!
癖が強うて、口もへらん。
マッサンのええ相方になりそうやないか」

入社を認める

それから3年半の月日が流れた。
大正13年10月
鴨居商店山崎工場が完成の日を迎えた

いよいよ始まるウイスキーづくりに二人は
喜びをかみしめるのだった。

 

そして、さらに
待望の赤ちゃんも授かって・・・。

 

■マッサン ネタバレ60話の放送後の感想

マッサン放送後の感想です。

第10週「灯台下暗し」の最終日となりました。
広島の俊兄もエリーさんの
内助の功の手紙で、駆けつけてくれましたね。

エリーさんは気配りがよく
出来る方だと思っています。

それが、マッサンは迷惑に感じているようですが、
結果的には成功を博していましたね。

いずれにしましても
山崎の地に日本初のウイスキー工場が完成

そして、エリーさんも赤ちゃんが
おめでとうございます

 

マッサン ネタバレ
目次ページに戻って関連記事も読んでネ




スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。