So-net無料ブログ作成
検索選択

マッサン 感想 44話 女中として頑張るエリー [感想第8週]


第8週「絵に描いた餅」
11月18日(火)放送

 

マッサンのあらすじ 44話


試験醸造に取り組むことになった
マッサンは
活気に触発されやる気が湧いてくる。

一方、

女中として働くエリーは
早苗の厳しい指導を受け始めていた。

 

マッサン ネタバレ 44話はこちらです。

 

 

マッサン 感想 44話 11月18日(火)


もとすり作業は
歌を歌いながら作業をしていました。

「♪ ハア- 安芸の~よ~ホイ
宮島のヨ~ホイ

藏人の相の手は
何とも言えない
伝統的な文化を感じますね

最近の流行歌と違って
とっても癒やされる
雰囲気がありました。

歌を歌うのは
魂を込めると言っていましたが
とっても素晴らしい心構えだと感心しました。

仕事が大変だから
歌でも歌って紛らす
そんなレベルの低い考えは間違っていまいした。


魂を込めるこの歌こそ
酒に命を吹き込んでいるものと
感じ取れますね。

真に子ども育てる
親の思いと同じなんだと思いました。

マッサンも試験醸造の仕事
やる気が沸いてきたようですので
最後まで頑張ってほしいと思いました。

一方

エリーさんしごかれていましたね
女中だから
よけいに早苗さんは厳しく対応したかも知れませんが、

エリーさんも
諦めませんね、マッサンを信じて
日本の嫁になるんだと決意は固いようでした。

畳掃除にしても
畳の目を見て掃きなさいと

畳にも目があることが知ったようでした

それと

歩くにも畳のヘリ
敷居は男の頭だから
踏むなと・・・

これは日本人としての
マナーだから
しっかり覚えて欲しいと思いますね、

これは、
しごくというより
まあ、早く言えば教えでしょうか。

 

では、また。

 

 

目次ページに戻って関連記事を読んでネ




スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。