So-net無料ブログ作成
検索選択

マッサン 感想 42話 幸子が「お母さん」と言いましたね [感想第7週]

第7週「触らぬ神に祟りなし」
11月15日(土)放送

 

マッサンのあらすじ 42話


由紀子の誕生バーティーの当日、
ナツを連れて亀山家に来ました。

野々村は東京に仕事があるので
見えなかったので
エリーは説得行ったが拒否された。

パーティが始まって
幸子は小さな花束を手渡し
「お誕生日おめでとう、お母さん」

門の外では
そんな様子をお父さんが見ていました。
そして父子との絆が結ばれました。


マッサン ネタバレ 42話はこちらです。

 

マッサン 感想 42話 11月15日(土)


マッサンは誕生日パーティ-用に
パンを焼いていましたが・・・

いいパンを作るには
酵母に聞かせておいた言っていました。

これってとっても感心しましたね、
パン作りばかでなく

料理の心得だと思っています。

どんないい材料や食材がそろって
そのレシピ通りに作れば
それなり気の美味しい料理は出来ると思いますが、

でも
1番大切な心構えは
良い食材もさることならが

その料理の食材に
呼びかけることだと思っています。

その点、
マッサンはパン作りのベテランではないが
酵母に聞かせておいたといっていました。

そこなんですね、
食材と会話をしながらのパンづくり
あるは料理を行う。


そんな
想いは伝わる私は感じています。

それが
優しい心を育てて
そして料理も美味しくしてくれるとね。


それよりも
今日のドラマは
幸子さんの心が和らいで

誕生おめでとう、 ・・・お母さん
良かったですね、
心から言えて、感動でしたね。

 


では、また。

 

目次ページに戻って関連記事を読んでネ




スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。