So-net無料ブログ作成

マッサン 感想 41話 パンの焼き方、理論と実践 [感想第7週]

 

第7週「触らぬ神に祟りなし」
11月14日(金)放送

 

マッサンのあらすじ 41話


エリー(シャーロット)は
野々村(神尾佑)に
招待状を届けるも拒否されてしまう。

そんななか、

幸子(田中葵)は
死んだ母親との写真を

パンの窯に
放り込み燃やそうとした。


マッサン ネタバレ 41話はこちらです。

 

 

マッサン 感想 41話 11月14日(金)


庭先にパンの窯を作っていた
レンガで組み立てていましたね、

家賃も支払っていないのに
何処にお金があったんでしょうか?

一寸気になってしまいました。
あれだけの窯を作るのには
かなりお金がかかった思ってしまいました。

それだったら
家賃に支払いにまわしたらと
思ってしまいました。

そして

出来上がったパンの窯の前で
得々とパン作りの
基本かな教えると言うより

講義のような感じでしたね
マッサンは技術やタイプでか、

近所のお母さんたち
アレではつまらないでしょうね、

思いあまって
キャサリンが
早くパーティー用のパン作り始めよと言っていました。

カレーはまず食べてみる
理論より試食ですか

だから

パンも焼いて
まず食べてみる
そこからスタートがいいと思っていました。

学者は必要ありません、
理論より実践を主体に考えた方が
ベターだと思っています。


パーティーでも
パンがうまく焼ければいいんですが

折角作ったパンの窯ですか
美味しいパンを期待しています。


それと、
エリーさん

誕生会は思いつきで
急に決まったんですね


野々村さんのお父さんに
母親の誕生会と
仕事とどっちが大切かって?

そりゃ
仕事でしょうね

でもね
ドラマの展開としては
ひょっとしたら・・・


明日に期待しましょうか


では、また。

 

 

目次ページに戻って関連記事を読んでネ




スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。