So-net無料ブログ作成
検索選択

マッサン 14話 ネタバレと感想 優子は政春との結婚を諦めた [ネタバレ第3週]

マッサン第3週  「住めば都」
10月14日(火)放送予定

マッサン ネタバレ 14話  あらすじ

優子(相武紗季)が
新居を訪問して

マッサン(玉山鉄二)との
結婚は諦めると告げて帰った。

 

一方、マッサンは
晴れてウイスキー製造に取り組むことに

マッサンとエリー(シャーロット)の
新婚生活が始まるのです。

<< 前回13話  次回15話 >>

 

マッサン 感想 14話  読書後の感想

放送前の読後の感想文ですので
実際の放送とは異なる場合もあります。

エリーさん新居で洗濯をしていら
そこへ優子さんが・・・

イジメにあっている最中でしたので
何の用かしら?緊張しますよね。

新品の女夫茶碗を届けてくれました。
わざわざ藏から見つけて届けてくれたようです。

どんな心境の変化があったんでしょうかね?

どうもお父さんから
エリーさんがどれほどの覚悟で
日本に来たのか聞いていたようでした。

「・・・ウチ政春さんのことは
きっぱり諦めます。

いろいろきついこと言うて堪忍ね」

えっ、私も本当かしらと
目を疑いましたが・・・

お父さんは、
他によい婿さんの話でも
したんでしょうか?

いづれにしても
仲直りが出来てよかったです。

「雨降って地固まる」

マッサンの各週のテーマが
格言であったので
一寸使って見ました。

優子さんが帰って
台所の戻ると煙が・・・
ご飯が真っ黒に焦げていました。

またもやご飯炊きの失敗でした。

そのころマッサンは会社で
ウイスキー製造実験に取り組んでいました。

社運をかけての実験に
計画書の提出を
矢口専務から要求されていたんです。

どうも矢口専務は
マッサンに批判的なんですね。

一人くらいは
こういった悪者がいないとね

昼休みにエリーさん
マッサンに弁当を届けに

焦げたところも
一緒に詰めたようでした。

ご飯の炊き方を教えてもらいたかったが
残業で帰れないので

エリーさん
優子さんにご飯の炊き方を頼んでみたが、
断れましたね。

でも
優子さんも奮っていましたよ、

「始めチョロチョロ、中パッパ。
赤子泣いても蓋とるな」

火加減が命だと独り言を・・・

それを察知したのか
エリーさんすごかったね、
優子さんの言葉を反復していました。

まだ、この頃の日本語の理解力としては
1回聞いただけで
覚えれるとは思いませんでしが、

記憶力もよかったんでしょうね。

エリーさんは
ひょんなことから教会で
キャサリン(濱田マリ)さんと再会

そうです、
引っ越しで昨日出会った
種子さんだった。

彼女の夫が外国人であったので
意気投合していました。

「ご主人」「奥さん」の
言葉の意味を教わっていました。

ご主人はキングや
奥さんは、
家の奥のことをする人で

嫁のことも
家の女と書くので女中と一緒やと・・・

キングの表現はともかく
この頃の結婚と言えば
その表現は正しかったかもね。

そんなことより
エリーさんは
ご飯炊きがうまく出来ていませんでした。

いつになったら
上手に炊けるのかな?

「始めチョロチョロ、中パッパ。
赤子泣いても蓋とるな」

一日も早くマスターしてね
応援しています。

 

マッサン 感想 14話 放送後の感想

昨日入居したばかりの新居も
庭付きで内フロもあってね、

その頃はまだフロといえば、
大衆フロが一般的ではなかったと思っています。

当初予定した洋館ではなかったが
いい空き家が見つかってんですね。

家賃はいくらだか分かりませんが
門柱にはもう
「亀山政春」と表札が出ていました。

「亀山エリー」は
残念ながらかかってはいませんでしたね。

住民台帳に書かれた
「亀山政春」
「亀山エリー」

の文字読めなかったエリーさん、
付き合って2年以上
そして二人は結婚をしたんだから

名前の漢字くらいは
読めても当然と思っていましたが・・・

それと婚姻届けでも名前は書いたのか
確認して見たんではないかと想像していました。

当時は男尊女卑であったこと、
「奥さん?」
「ご主人?」

この意味について
お友達になった
キャサリンさんに教わっていましたね。

ご主人はハズバンドでキング。
妻はワイフで女中ですか?

あの時代、大正時代ですが
そういった意識が一般的か、

他には婦人の婦もね
「女は家で掃除をする役割として」
そんな意味合いだったっかな

でも~
まだ一般的に使われていますね

婦人部、最近では女性部が多く見られるようになりましたが
婦人服とか産婦人科とかetc。

それにしても優子さん
よく夫婦茶碗を
女夫茶碗の方がいいのかな?

わざわざ藏から探してね
結婚のお祝いに届けたでしょう。
娘から常識ある大人になった感じです。

それにしても
マッサン、

優子さんから頂いた
女夫茶碗を見ても反応がいまいちでしたね。

エリーさんの気持ち
本当に分かっているのかな?

焦げたご飯には理解を示していたがね。
もう家庭より
仕事人間になっている感じがしました。

 

「朝ドラ受け」

有働由美子アナとイノッチの感想

台風情報で、あさイチは8:35からでした。
そこで話されたかは見なかったので
コメント出来ません。

 

<< 前回13話  次回15話 >>

 

目次ページに戻って関連記事を読んでネ!




スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

シャントゥーズ

優子さん、お父さんの助言のお陰か、和やかな表情。エリーさん、一安心でしょうね。
日本の慣習に驚きのエリーさん。マッサンの人生のパートナー、ヒフティヒフティの言葉にホッとしたことでしょうね。
こんな事からも、マッサンはエリーさんと結婚出来る素地が備わっいたのでしょうね。そんなマッサンでも、エリーさんのラブコールには辟易。エリーさん、お手柔らかにね。
by シャントゥーズ (2014-10-14 22:39) 

byakko

理解を示した優子さんに安堵しています。
by byakko (2014-10-15 08:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。