So-net無料ブログ作成
検索選択

朝ドラ マッサンのネタバレと感想 9話 許嫁・優子さんの怒り [ネタバレ第2週]

マッサン第2週  「災(わざわ)い転じて福となす」
10月8日(水)放送予定

マッサン ネタバレ 9話  あらすじ

優子(相武紗季)との結婚話を
問い詰められた
マッサン(玉山鉄二)は本当に困ってしまった。



マッサンが帰国したら
田中家では婿に迎えるつもりで待っていました。

そういったことで
本場へ勉強に留学させたと
告げる大作(西川きよし)であった。

そんな事情とは
マッサンは全く気が付かないでいた。

日本の結婚のしきたりには
理解できないエリー(シャーロット)であった。

素直に謝れば理解してもらえると
思う二人でしたが・・・・

この2年間の思いを語り
激怒してしまった優子。

そんな様子を見ておったエリーは
その優子の心の奥に何かを感じとっていた。

<< 前回8話  次回10話 >>

マッサン ネタバレ 9話 読書記

田中家の客間に泊まったお二人は
翌朝、優子さんの部屋を早速訪ねることに・・・

室内には
ナント婚礼用の振り袖が掛かっていて
マッサンとの結婚を夢見て待っていた雰囲気を感じました。

こうなると
優子さんも簡単には口を開いてくらないと思います。

母・佳代さんもいました。
「何のようですかいな?」
冷たい心臓に悪い言葉が飛び込んできました。

何を言われても
しかたないマッサンの立場でしょうか、

マッサンがどう言い訳しても
佳代さんも優子さんも
聞きたくはありませんね。

それは、
どうあれ田中家にとっては
期待を裏切られた話しであったからですね。

どうも優子さんは、
夕べは多分一睡も出来ない
忘れる事が出来ない悪夢の一夜であったろうか。

やっとの想いで優子さん
スコットランドに旅立つ1週間前
二人で寄席へ行った時の話しを語り始めました。

それは、奥様の計らいで
二人のデートをさせたんでした。

こんな時
男って鈍感なんでしょうか
そんなことにも気づかずのマッサンは・・・

働いている時
優子さんには関心が無かったんでしょうか?
年頃の結婚相手にいい女性が近くにいてね。

あなたはそう思いませんか?

しかもデートの帰り道
優子さんはこうも言っているんです。

マッサン、この頃は政春さんでした。
「結婚したら、
子どもは何人くらい欲しいと思っていますか?」

「野球チームが作れるくらい欲しいと」

優子さんは
この言葉をしっかり胸に刻んでいました。

マッサンが好きであったんですね。
マッサンの子どもを産むために
帰国を待っていたことを・・・。

マッサンにはこの会話は
単なる世間話と聞いておったんですね。

言葉の温度差は
男と女の感性の違いでしょうか?

当時のマッサンは
この言葉の意味を残念ながら
察することができなかったようでした。

折角のいいご縁を
想いのすれ違いで終わらせてしまったか、
あ~あ、持ってない感じがしましたが、

優子さんもついに切れましたね
「出てってください!」

優子さん
この後どうなるんでしょうか?

マッサン ネタバレ 9話 感想

マッサンは優子さんの部屋へ

そしてどうして
エリーさんを連れて帰ったのか
母・佳代さんから問い詰められていましたね、

優子さんと二人で出発前のデートしたとき
優子さんの本当の気持ちを
それは、マッサンの子どもが欲しいことをね

マッサンは気づいてやれなかった。
女性の深層心理をしることの難しさを感じています。

優子さんの言葉の重み
その本音の気持ち察するより

マッサンは
本場スコットラントに気持ちは
飛んでいたのかも知れませんね。

同席しておった
エリーさんからも

「どうして氣がつかなかったの?」

マッサンは応える事無く
いえ、どう応えたらよいのか
頭が真っ白だったんでしょうね・・・。

「会社に行ってくるで」と
話題から逃げってしまったんでた。

会社には既に
立派な看板が出来ていました。

帰国してあまりの速さにビックリ
歓迎会が終わったばかりに
もう研究室の看板があったんですよ。

そう
「ウイスキー研究室」

出勤した社員達に
得意げにウイスキーの造り方の講義が
始まっていましたね、

えっ

そんなに頭が仕事に向けられるんでしょうか?
私なら優子さんの怒りに
どう応えたらいいのか悩んだろうにね、

そんなおり
鴨居商店の大将
鴨居さんと二度目の対面となっていました。

何故、ウイスキーなのか

マッサンは初めて口にした時

ウイスキーの色・香り・味
何ともいいようがない忘れる事が出来ない
感動を味わったんですね。

日本人が日本産のウイスキーを造らあアカン
と思ったようでした。

ウイスキーに一目惚れというか
彼なりきの発見があったんでしょうね。


鴨居商店の大将に
本物のフランスワインと
それに甘味料を加えたワインを試飲していました。

本物ってなんや?
日本で造って、日本人が喜んで飲んだら、
それが日本の本物ちゃうか?」

反論出来なかったマッサンが印象的でありました。

鴨居の大将と
マッサンの製品たいする想いが
今後どう展開していくのかも興味があるところでした。

 

「朝ドラ受け」

有働由美子アナとイノッチの感想

緩いです女難の相が・・・・
放送時間が少ないようで
言わんとすることがよく聞き取れなかったです。(汗)

 

<< 前回8話  次回10話 >>




スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。