So-net無料ブログ作成
検索選択

マッサン ネタバレ 3話 10月1日 まっさんの覚悟とは? [ネタバレ第1週]

マッサン ネタバレ 3話 あらすじ

エリー(シャーロット)のことで
政春(玉山鉄二)と早苗(泉ピン子)は
親子の大げんかに発展してしまった。

そんな様子を見た
エリーは結婚を認めなかった
母国の母の姿を思い出すのであった。

そして

なにかと早苗に好かれようと
エリーは頑張って見るが
うまくいかない。

一方、

ウイスキーづくりとエリーとの結婚を認めてもらおうと
父・政志(前田吟)に思いをぶつける政春。

そんな政春に政志は、ウイスキーづくりを
命がけでやる覚悟はあるのかと厳しく問いかける。

そんな中、運命の法事の日が
やってくる。

マッサン ネタバレ 3話 読書記

放送番組と内容が異なる場合があります。

母の早苗は言い放った。

「家族でもない人と一緒に食べる道理はない。」
「その人は、女中らと食べなさい」と
冷たいことが口から出てしまって。

マッサンは怒りを耐え切れない状態であった。

早苗が怒っていることで
エリーはスコットランドでも一緒だ
ママもマッサンとの結婚に大反対であったからです。

そんな母の姿を思い浮かべていた。

「政春ことマッサンのためなら
私は日本人になってみせる!」
母に言い返した言葉をエリーは思い出していたんです。

エリーは早起きして
店の前の拭き掃除などを始めていた。

家にいなかった父の政志が
視察旅行から帰って来た。

父なら気持ちが分かってもらえるのではと・・・

「わしも親父みたいに、
新しいことに挑戦してみたいんじゃ」

と気持ちを伝えたのであった。

父・政志は、
「・・・・・命懸けるんか?」

思いがけない言葉に
マッサンは言葉を失っていた。

そして
まもなく法事の日がやってきた。

マッサン ネタバレ 3話 感想


放送後に書き加えます。
10/1の追記です。

母の早苗さんは
エリーを嫁として認めてくれなくて

「家族でもない人と一緒に食べる道理はない・・・
そのひとは(エリーの事ですが)
「女中らと食べてもらいんさい」

なかなか、母・早苗さんの怒りは収まりませんね

マッサンも負けてはいません

そうだよね
ここで引き下がったら愛するエリーさんと
一緒になった意味が無くなってしまうからね

「エリーは私の嫁じゃ~!」

そしたら早苗さん

「あんたの嫁は、亀山家の嫁じゃ~

このやり取りをみて
嫁とはあるいは結婚とは
家と家との結びつきであったことを思い出しました。

昔というか、最近まで
家柄と家柄とか家と家との結婚だった
そういった関係が支配しておったと思いましたね。

その点
マッサンはスコットランドへ留学して影響なのか分かりませんが?

私の嫁として個の確立が出来ていたと
今更ながら関心しました。

一方エリーさんも偉いですよ
家族みんなに好かれようと
日本人になりきろうと努力をしましたらね

マッサンのお父さんと3年ぶりの再会場面で
エリーさんとの結婚を認めてもろうと頑張りました。

「うちの酒蔵を継ぐつもりはない。
エリーと一緒に大阪でウイスキーを造りたい」

父・政志さんは
「・・・命懸けるんか?」

ウイスキー造りに命を懸ける覚悟があるのか
そう問われたが・・・・

マッサン返答に詰まっていましたね。
私がその立場だったらどう応えたろうか?

「命を懸ける」って
スゴイことだし
不退転の決意のようなこと経験していないので

どうなんでしょうか?

近日中には法事があり
エリーさんにとっては
日本の作法にに戸惑いながら

初めてでの法事ときては
どんな展開になるのか
明日も楽しみですね。


「朝ドラ受け」

有働由美子アナとイノッチの感想

  • 認めてほしいねぇ
  • エリーがかわいい
  • あの2人が毎日見れると思えば楽しい



スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。