So-net無料ブログ作成
検索選択

「マッサン」 朝ドラ あらすじ 実話がモデルに? [あらすじ]

マッサン 朝ドラ あらすじは
国産ウィスキー製造を志す物語でとして展開します。

現在朝ドアは花子とアンが放映中ですが
今月の9/27(土)が最終回(156回)となります。

そして「マッサン」
2014/9/29(月)から2015/3/29(土)
全150回がスタートします。

マッサン 朝ドラ あらすじ

時は20世紀初頭のお話し

酒屋の息子であった亀山政春は、
外国から入って来たばかりのウィスキーに惚れ込み、
日本初となる国産ウィスキー製造を志す物語です。

マッサンの留学

この時代大阪では
日本国内でも華やかな街であった
海外からは洋酒も輸入されており

そんな中
亀山政春は、
国産初のウイスキー製造のために、

大阪から本場スコットランドに
単身渡って
ウィスキー作りを学んいました。

留学中にはスコットランド人女性の
エリーとも出会って
恋に落ちてしまったです。

マッサンがエリーと帰国

2年の修行が終わった
大正9(1920)年には、
マッサンこと亀山政春は、

本場の技術を見につけ帰国しましたが

それが、なんと、
スコットランド人の女性の
エリーも連れての帰国でした。


マッサンはエリーを
嫁さんにしたいとの思いで
日本に連れてきたんですね。

そこから、
波乱の日々が始っていきます。

広島・竹原で
代々日本酒の造り酒屋を営む

マッサンの実家の母は
もう大激怒しました。


その時代としては
当然の成り行きでしょうか、


別れてしまえと
そして実家を継げと

と、いきなり大騒動になっていきます。

失業

世の中は大不況となって、
ウイスキー製造計画は中断せざるを得なくなり
やがて失業となっていまいした。

妻ののエリーは、
外国人の嫁ということで
歓迎されず、
日本との文化の違いに戸惑いながらも
大阪弁を習得していきます。、

さらにはマッサンの
婚約者も現れ始末で
ピンチの連続ですが、

そんな中、エリーは、
日本の「おもてなしの心」を知り、
時には夫婦げんかを
巻き起こしながらも

マッサンを支え続けています。

 

就職

浪人の身だったマッサンは、
ワイン事業で大成功した

鴨居商店の鴨居欣次郎に
工場長として迎えられ、

山崎の地に
日本初のウイスキー蒸留所が誕生します。


しかし、
苦労の末に完成した
国産ウイスキーは全く売れませんでした。

 

新天地北海道でウイスキーを・・・

昭和に入ると、
二人は北海道余市へと渡ります。

この北海道は
エリーの故郷であるスコットランドに
似た大地であり

2人はゼロからウイスキーづくりに
始めました。

しかし
失敗の続きで事業は
軌道に乗れません。

そんな中太平洋戦争が始まって
敵国となったエリーは
スパイ容疑までかけられます。


それでもエリーは
「日本人として」生き抜く決意で、

マッサンと二人三脚で
家族を愛し、従業員を大切に扱い、

マッサンのウイスキーづくりの
夢を支え続けます。


不器用な夫が
最愛の妻と育んだ
夫婦の時間や

一つに夢に向かってひたむきに生きた、
日本人の勤勉と真面目さを
この朝ドラをみれば分かっていただけると思っています。

また、NHK朝ドラのヒロインとして
初の外国人ヒロインが描かれて作品として
注目されており放映が楽しみです。

今回の物語のモデルは?

日本のウイスキーの父と呼ばれた
ニッカウヰスキーの創業者の竹鶴政孝さんと
その奥様のジェシー・ロバータ・カウンさん
通称リタさんがモデルのようですね。




スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。